私を温かく育ててくれた地域(ワタクシゴトですが)

どうも皆様、おなじみのふかのの里主任菅野です。 今回は、ですね。 私の「思い」というものを、この場をお借りして語らせて頂こうかな、と。 長文駄文かとは思います。もしよろしければ…以下、見てやって頂ければ有難いかな、と。 私がこの仕事…何か人の役に立ちたいと思い、この仕事に就いてから早8年余り…その中でいろいろな経験もし、挫折をしたこともありました。 改めて思うのは、やはり私はこの仕事を選び良かったな、と。 この仕事は確かに大変なのかもしれません。難しく、うまくいかない時だってあります。 ですが、その先にはそれを補って余りある達成感…利用者様の笑顔を見れた時・輝かしい表情が垣間見れた時の嬉しさ、感動…。 「大変」なのは当たり前だと思います。この仕事は、その方の余生をいろんなところから支え、その方の生活をより良いものにしていく為「大きく変えよう」としているのですから、と私は思ってます。 まして、利用者様の余生を共に歩ませて頂ける…とても光栄なことだな、と。 私は現在、大東に住んでいますが元は吉田町出身です。 この吉田に生まれ、育ちました。これが私が地元就職をした、最大にして唯一の理由です。 今、この私がいるのは、私を温かく育ててくれた地域の皆様のおかげだと思います。なのでこれは恩返しでもあります。恩返しに大変もくそもありませんからね。ただひたすらに全力で恩を返すのみ!!ですね。 最近、未成年の警察沙汰や行方不明、ましては殺人事件が増えている傾向に思います。その背景には地域との関係性が薄れてきているといったことが要因にある、と思います。 私たちが子供の頃…登下校にいつも声を掛けて下さる方、ちょっと遠いからといって車に乗せて下さる方もおられました。暑い日にクタクタで歩いていると、ちょっとあがっといで、とジュースをご馳走して下さる方…。現在をみてください。そんなことをすれば警戒しそれこそ警察沙汰になってしまいますよね。一体、なぜこうも変わってしまったんでしょうか。 しかし、少なくともこの吉田はまだまだ地域の関わり合いはあって…いや、言うなればもっともっと濃密なものにしていきたいな、と私は思ってます。 その為にも、地元就職し地域の皆様、子供たちを見守っていき、この吉田町がもっともっと温かくも活気溢れ元気溢れる、そんな素敵なものにこれから更に、なっていくことを願いながら…微力ながらも日々精進している、というわけです。 全ては、利用者様の笑顔、喜んで頂ける為…「日々是笑進」です!! 日に日に寒くなってきましたね。ほんと急激に。一気に。風邪を引かれてる方も多く、皆様もご無理はされずお身体ご自愛してください。